絶対たまがわ花火大会で席を確保する方法

午後三時のマジックです。

午後3時になると、仮設場所取りから、ブルーシートをなど敷物を敷いて場所取りを出来る解禁時間です。

毎年見ていると、必ず隙間が空きます。
そのタイミングを見計らって、場所取りをすれば少人数であれば必ず席を確保できます。

午後三時がキーワードです。

場所取りのマナー

12時を過ぎて、場所取りが解禁になりました。

さっそく場所取りのために人が集まっています。

img_0229

そこで確認。
場所を確保するためのマナーを花火大会のホームページから抜粋http://www.tamagawa-hanabi.com/manner/

  • 場所取り範囲は1人90cm四方を目安とし、必要以上に広い場所取りはご遠慮ください。
    広すぎる場所取りは縮める場合がありますので、必ずどなたかお残りください
  • 大会当日よりロープで囲うなどの場所取りは可能ですが、ビニールシートでの場所取りは芝生保護のため、当日の午後3時以降とします。
  • この写真の例では、水の入ったペットボトルをロープにくくりつけ、重りとして四隅に置いています。また、対角線にロープを張り、真ん中に目印(名 字等)をつけています。ビニールシートを敷くことができない当日の午後3時前までの場所取りは、この例の場所取り方法を推奨しています。
  • 場所取りの際、芝生への粘着テープによる貼り付け、スプレーでの吹きつけ、石やペグ、杭等で固定することは、芝を傷めたり転倒やけがの原因となるなど大変危険ですのでおやめください。
  • 会場内の通路をふさぐような場所取りや、通路上での観覧は危険ですのでおやめください。
  • 上記を含め、違反とみなした場所取り等は撤去します。あらかじめご了承ください。